初心者におすすめ?超長期分散投資とは

投資初心者向けノウハウ

直近の日本株の相場がわからなくなっている筆者です。

ひつじさん
ひつじさん

考えすぎてわからなくなっているわけだね

そんな中、超長期分散投資をされている投資家の方とお話する機会があり、超長期分散投資について教えていただきました。

短期的なトレードで疲弊している方ももちろん、株式投資についてまだあまり取引したことない人でも実践できる記事です。

超長期分散投資の思考

この記事では、ETFではなく、あくまで個別株の超長期分散投資についての説明になります。

超長期分散投資の思考としては、株価の差額で儲けると言うよりも配当と優待といった利回りで儲ける手法です。

その結果として、株価も上がればいいと言うスタンスです。この点が、短期的なトレードとは違うポイントになるかと思います。

ひつじさん
ひつじさん

超長期分散投資=利回りが大事

短期トレード=株価の増減が大事 と言うことだね

超長期分散投資のメリットとデメリット

この超長期分散投資、やはりどの手法もそうですがメリットとデメリットが存在します。

超長期分散投資のメリット

  • 株価に一喜一憂されない
  • コツコツと安定した利回り・配当が期待できる
  • 時間がないサラリーマンでもできる
  • 株を保有している企業に愛着がわく

株価に一喜一憂されない

精神衛生上のメリットになるのですが、短期的なボラティリティに左右されることなく、平然と生きていくことができます。

もちろん、銘柄選びは重要で、長期的に下がる銘柄はおすすめできません。そこが難しいところではありますが、長期的に株価が上がる銘柄であれば、買った後の短期的なボラティリティは無視できます。

コツコツと安定した利回り・配当が期待できる

派手さはありませんが、安定した配当および株主優待を受け取ることにより、小さくリターンを積み重ねることができます。

利回りは年5%をベンチマークするといいでしょう。

時間がないサラリーマンでもできる

地味ですが大事なメリットです。

短期的にさやを抜くタイプではないため、電車の通勤中に指値を設定するだけでも取引ができます。

銘柄選定を行えば、その後はずっとPCに張り付く必要はありません。

ひつじさん
ひつじさん

条件の銘柄を買ったら放置するだけだから、確かにこれはいいね

株を保有している企業に愛着がわく

直接的なメリットと言うよりは間接的なメリットになりますが、長期で見ると企業に愛着がわいてくるようです。

確かに、決算の度に郵送が来たりしますからね。そして株主総会の招待も当然来ます。

超長期分散投資のデメリット

続いてはデメリットになります。

  • 対象銘柄のスクリーニングがやや難しい
  • 大きなリターンは見込みにくい

対象銘柄のスクリーニングがやや難しい

大前提として、配当がある企業でかつ、長期的に大損しないと言う企業が対象になります。

そんなに数があるわけではないので、ファンダメンタルの調査分析が欠かせません。

大きなリターンは見込みにくい

リスクリターンのトレードオフですが、短期的に大きく利益を得ることは可能性として低いことを念頭に置いて行う手法です。結果的に大きなリターンになる可能性はありますが、期待するものではない手法と言えるでしょう。

超長期分散投資のルール

どういう銘柄に投資するのか?そのルールについてです。

アレンジしている投資家も多いので、あくまで一例です。

利回りを重視

配当+優待で年5%以上のものが望ましいです。

リターンのもらいかたの戦略を考えると、ここは必須に思えます。

ひつじさん
ひつじさん

個人的には株主優待は美味しいものがいいな〜

カンガルー
カンガルー

筆者は過去にビジネスホテルやシャンプーの優待を手に入れました。

分散投資

企業は業績次第では減配や優待廃止を行う企業も一定数存在します。

リスク分散のため、利回りがいいところを複数持っておきます。

業績の安定が見込まれる

そもそも業績が落ちなさそうな銘柄を選びます。

自己資本比率・営業キャッシュフロー・売上といった部分を主に見ているようです。

ひつじさん
ひつじさん

周りの投資家はやっぱり四季報を買って分析する人が多いね〜

基本的にホールド、利回りが減ってきたら売って他の資金に回す

なんと言っても超長期投資はその名の通り、基本的にホールドし続けます。

売る場合は、実質の利回りが減ってしまった場合です。その場合が損切りであっても売ります。

そしてその資金をもとに、より利回りの高い銘柄を買います。

私がお話した方も、10年以上売らずに持っている銘柄が何十もありました。

超長期投資は長期的視点で投資する!

以上になります。

まとめると、超長期投資は10年も超える可能性があり、利回りでリターンをコツコツ狙っていく手法です。

その特性から、手間が掛からずサラリーマンや初心者の方でも始めることができます。

また優待や株主総会といった企業とのタッチポイントが増え、結果的に愛着がわいたり、本当に今後リターンを生み出すのかといった視点で当事者意識がわいたりするようです。

是非とも、投資を検討されてみてはいかがでしょうか?

投資初心者向けノウハウ
カンガルー@株式日記stockをフォローする
証券会社オススメランキング
SBI証券
SBI証券

SBI証券は、ネット証券最大手(530万口座)の証券口座です!
1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日50万円まで売買手数料が0円と非常に低コストな点が特徴です。
また投資信託の数は約2700本と業界トップクラス!
投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められるのがいいですね。
さらに、新規IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ!
PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般の取引所より有利な価格で株取引できる場合もあります。
海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、ASEAN株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富です。
米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0ドルから取引可能になったのも魅力。
低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須でしょう。
「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の1位を獲得しました。

松井証券
松井証券【IPO】

最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という点です。
資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめ!
さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得しました!

マネックス証券
マネックス証券

NISA口座での日本株売買手数料が無料なのに加えて、1注文30万円までの取引では手数料の安さはトップクラスです。
そのため、小型株中心に売買する方にオススメと言えます。
米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽に始められます。
多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっています。

楽天証券
楽天証券

楽天証券は、なんといっても株の売買や投信の積立により楽天スーパーポイントが貯まることが魅力!
さらに、楽天銀行との口座連携をするとお得になります。
楽天カードや楽天銀行など、周囲も楽天で固めるとポイントが最大限活用されるため、楽天系のサービスのヘビーユーザーであれば正直なところ、中長期で見ると楽天証券がかなりオススメになります。

株式日記stock
タイトルとURLをコピーしました