個別銘柄

個別の銘柄やジャンルについての記事になります。

個別銘柄

シルバーエッグ(3961)の株価は何円が適切なのか!?

シルバーエッグ・テクノロジーとはAIを活用したウェブマーケティングサービスの開発・提供を行っている会社です。 時価総額は2020/11/1現在で70.7億円。規模としては小型株と分類されます。 2016年にマザーズに上場した銘柄なのですが、今回はこのシルバーエッグ(3961)の企業・事業・需給についての分析をしていきます。
個別銘柄

2020/09/09時点のウォッチ銘柄メモ(日本株編)

銘柄のウォッチ・モニタリングを個別株投資家の方はやられているかと思います。 今回は、私のウォッチ銘柄のポートフォリオのメモになります。
個別銘柄

3ヶ月で株価が50%以下になった、株式投資で一番やらかした話

株式投資で個別銘柄を買う場合、ざっくり分類すると結果は3種類しかありません。 「買った値段よりも高く売れる」「価格変わらず」「買った値段よりも下がった」 今回は一番やらかした経験をお話します。
個別銘柄

[IPO]インターファクトリー(4057)が上場!クラウドECプラットフォーム「ebisumart」を展開

新規IPOであるインターファクトリー(4057)の記事になります。 2020年7月20日に、マザーズへの上場が承認されました。 インターファクトリーは「ebisumart」というECプラットフォームの事業を行っている会社です。 IPO投資・セカンダリー投資で期待できるのか、調査しました!
個別銘柄

求人情報から、次のIPOを狙う企業を探してみる ver1

入社してからプロジェクトを把握するとなると、「こんなはずじゃなかった」となるリスクもあるので、一定は求人情報なり直接の対面の場で情報が出されるはずです。 ということで、今回は、日本企業で、求人情報にIPO準備を進めているとの記載がある企業の調査をしました。
個別銘柄

[チャットワーク]Chatwork(4448)の株価は何円が適切なのか!?

国産コミュニケーションツールの代表格、Chatwork。 このChatworkは2019年9月に上場しましたが、上場後は半年以上、なかなか株価が上がりませんでした。 直近は徐々に上がっているChatwork、適切な株価はいくらなのかについて分析と考えをまとめます。
個別銘柄

6/24にIPOしたロコガイドほか、3銘柄の初動は!?

2020年6月24日、おおよそ2ヶ月ぶりに新規上場・IPOがありました。 今回はその銘柄の初日の様子について、ざっくり紹介していきたいと思います。
個別銘柄

5月に急騰したBASE(4477)の株価は何円が適切か

まずBASEという企業についてですが、ざっくり言うとネット決済のプラットフォームです。 海外では、カナダのShopify(SHOP)がリーダー的存在で、BASEは日本版Shopifyと言えます。今回は、適切な時価総額と株価について、Shopifyは日本のSaaS企業との比較をしながら、分析と考えをまとめます。
タイトルとURLをコピーしました