[米国株初心者]銀行口座に現金を眠らせておくぐらいなら、GAFAの株を買った方がいい

投資初心者向けノウハウ

この記事は、株式投資に興味がある・・・けど、リスクなどを考慮してまだ行っていない方向けの記事です。

結論を言うと、立ち回り方さえ間違わなければ、銀行口座に現金を眠らせるよりも株式投資を行った方がリターンが出ます。

GAFAのリターンは〇〇%?

この間、銀行口座に利息が入っていたんですよね・・・

なんと!8円が入っていました。パチパチパチ

カンガルー
カンガルー

失笑しましたよ

今の銀行の利息は0.002%ぐらいらしいです。

低い・・・過去はもっとあったらしいのですが、段々と引き下げられてきたようです。

さて、それではGAFAの株をもし買った場合、どれぐらいのリターンでしょうか?

Apple(APPL)は、2020年初は1株が300$程度でしたが、今は500$です。

控えめに言っても出来過ぎなのですが、100万円分投資したら167万円になってくるイメージです。

Amazon(AMZN)もえげつなく、もうすぐ2倍と言うラインにまできています。

年初は1900$弱ぐらいだったんですよね。。

Facebook(FB)は200$から300$なので、150%と言った感じでしょうか。

GAFAの中ではアルファベット・Google(GOOG)が一番芳しくないのですが、それでも119%ほどになっております。

これから言えることは、思考停止で株を買っても銀行の利息よりかは遥かにリターンを得られる、と言うことです。

いくらからこれらの株に投資できる?

とはいえ、まとまったお金がないと買えないのでは?それならお金貯まるまでは銀行に入れておいた方がいいのでは?と思う方もいるかもしれません。

いえ、大丈夫です。

米国株の場合、1株単位から買えます。

そのため、GAFAの中でも一番株価が安いFacebookだと300$、およそ3万円で買うことができます。

それ以下だと流石に厳しいのでお勧めしませんが、手数料込みでも割と小額からでもチャレンジすることができます。

とはいえ、リスクがあるのではないの?

とはいえ、損するリスクはあるのではないか?

と思うかもしれません。

ただ、現物での売買であれば、買った以上の損をすることはありません。

信用取引や空売りの場合は、損する可能性のレンジが増えますので、注意しましょう。

基本的には、現物で買ってホールド、だけでも十分だと思います。

米国株は、特に日本株よりかはボラティリティが少なく、中長期での保有に向いていると感じます。

また、GAFAそれぞれ微妙に事業ドメインが異なりますが、今のところは安定して成長しているので株価はついてくる期待が持てます。

結論:GAFAはすごい!

身もふたもない結論ですが、GAFAの事業成長と株価の伸びはすごいです。

ちなみに、GAFAという用語は実は日本でしか言わないので注意しましょう。

米国だと、MicrosoftとNetflixも合わせたMFANGなどと呼ばれています。

ぜひ、この機会に米国株投資をしてみてはいかがでしょうか?

投資初心者向けノウハウ 米国株
カンガルー@株式日記stockをフォローする
証券会社オススメランキング
SBI証券
SBI証券

SBI証券は、ネット証券最大手です!
1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日50万円まで売買手数料が0円と非常に低コストな点が特徴です。
また投資信託の数は約2700本と業界トップクラス!
投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められるのがいいですね。
さらに、新規IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ!
PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般の取引所より有利な価格で株取引できる場合もあります。
海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、ASEAN株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富です。
米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0ドルから取引可能になったのも魅力。
低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須でしょう。
「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の1位を獲得しました。

松井証券
松井証券【IPO】

最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という点です。
資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめ!
さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得しました!

マネックス証券
マネックス証券

NISA口座での日本株売買手数料が無料なのに加えて、1注文30万円までの取引では手数料の安さはトップクラスです。
そのため、小型株中心に売買する方にオススメと言えます。
米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽に始められます。
多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっています。

楽天証券
楽天証券

楽天証券は、なんといっても株の売買や投信の積立により楽天スーパーポイントが貯まることが魅力!
さらに、楽天銀行との口座連携をするとお得になります。
楽天カードや楽天銀行など、周囲も楽天で固めるとポイントが最大限活用されるため、楽天系のサービスのヘビーユーザーであれば正直なところ、中長期で見ると楽天証券がかなりオススメになります。

株式日記stock
タイトルとURLをコピーしました