チームスピリット(4397)の2020年8月期第3四半期決算は

日本株

2020年7月14日、チームスピリット(4397)の決算発表が出ました。

この記事では、決算内容について解説していきます。

売上トップラインの鈍化

今回のQ3は2020年8月期第3四半期決算・つまりは3-5月の活動の結果になります。

3月末から日本でも緊急事態宣言がされたり、コロナによる生活の変化が感じられた期間になります。

そんな中、チームスピリットも影響を受けており、成長が鈍化しているようです。

ちなみにチームスピリットの事業をざっくりとお伝えすると、業務改善(とりわけ働き方改革)の企業向けSaaSプロダクトを提供しております。

決算説明資料より、契約ライセンス数/セグメント別割合
決算説明資料より、契約ライセンス数/セグメント別割合
カンガルー
カンガルー

決算説明資料、メッセージも書かれていてわかりやすいですね

どうやら、従業員数が多い企業は順調のようですが、SMBなど比較的小さい企業の伸びが鈍化しているようです。

業績予想の修正:意図は?

それに伴い、今期の業績予想の修正を入れています。

チームスピリットの通期業績予想の修正。
チームスピリットの通期業績予想の修正。

ちなみに、上場企業の上方修正/下方修正は、業績予想に対し売上の10%・もしくは利益の30%を超える場合に修正開示の義務があります。

今回の修正は、売上がマイナス・利益がプラスの修正です。ただ、売上も利益も前回発表から大きくブレてはいないので開示する必要はなかったのです。

ただそれなのに修正を出すということは、本決算の時に売上が届かないことにガッカリされたくないからか、利益を上方修正することにより、決算のサマリーとしての見栄えをよくしたいからなのかな、と思いました。

カンガルー
カンガルー

個人的には後者が濃厚だと思いました

売上トップラインが伸びないと株価は厳しい

ぶっちゃけ、チームスピリットは修正後でも売上成長率がYonYで34%もある、典型的なグロース銘柄です。

グロース銘柄にとっては、利益が出るよりも売上のトップラインを期待されます。

今回の修正は、正直厳しいというか、グロース株として保持している人が手放す可能性が高いと思いました。

中長期でも、成長イメージの見直しとあり、うまく進んでいなさそうな印象をIRで受けました。

チームスピリットの成長イメージ見直しについて
チームスピリットの成長イメージ見直しについて

現在の主力製品が少し計画よりも伸びないのに加えて、次世代プロダクトのスケジュールもビハインドしているようです。

チームスピリット(4397)の今後の予想

今後の予想ですが、市場規模だったりSaaSというビジネスモデルは秀逸ですが、ここから売上成長がどの程度できるかは不透明です。

来期も売上30%成長ができればいいと思いますが、IRの感じだと難しいかもな、と思います。公開・開示をするのは潔くて好感度が上がりますが・・

逆に成長のSaaS企業なので、足元の利益はあまり関係ない気がします。必要な投資を行って、再度成長が加速するようなことがあれば時価総額および株価もついてくるのでしょう。

資生堂が導入したというリリースが5月に出ていましたが、このように大手企業の導入が進んでいくリリースに期待です。

日本株 決算発表
カンガルー@株式日記stockをフォローする
証券会社オススメランキング
SBI証券
SBI証券

SBI証券は、ネット証券最大手です!
1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日50万円まで売買手数料が0円と非常に低コストな点が特徴です。
また投資信託の数は約2700本と業界トップクラス!
投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められるのがいいですね。
さらに、新規IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ!
PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般の取引所より有利な価格で株取引できる場合もあります。
海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、ASEAN株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富です。
米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0ドルから取引可能になったのも魅力。
低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須でしょう。
「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の1位を獲得しました。

松井証券
松井証券【IPO】

最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という点です。
資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめ!
さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得しました!

マネックス証券
マネックス証券

NISA口座での日本株売買手数料が無料なのに加えて、1注文30万円までの取引では手数料の安さはトップクラスです。
そのため、小型株中心に売買する方にオススメと言えます。
米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽に始められます。
多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっています。

楽天証券
楽天証券

楽天証券は、なんといっても株の売買や投信の積立により楽天スーパーポイントが貯まることが魅力!
さらに、楽天銀行との口座連携をするとお得になります。
楽天カードや楽天銀行など、周囲も楽天で固めるとポイントが最大限活用されるため、楽天系のサービスのヘビーユーザーであれば正直なところ、中長期で見ると楽天証券がかなりオススメになります。

株式日記stock
タイトルとURLをコピーしました