絶好調!?マクアケ(4479)の2020年9月期第三四半期決算

日本株

2020年7月21日、マクアケ(Makuake)の決算発表が出ました。

この記事では、今回の決算について説明していきます。

財務指標YonY

今回の決算のサマリの部分です。昨年の第三四半期時点との比較が凄まじいです。

マクアケ(4479)のYonYの財務数値
マクアケ(4479)のYonYの財務数値

売上は2倍以上に、営業利益に至っては8倍以上の進捗となっています。全て100%超えは圧巻です。

次にQonQ。QonQでも凄まじいの一言です。

マクアケ(4479)のQonQ・財務指標。
マクアケ(4479)のQonQの財務指標

QonQでの成長もしており、成長再加速と言えます。

一応補足しますと、マクアケはクラウドファンディングのプラットフォームを運営しており、応援購入総額:GMVが流通量で、その中の一部を手数料としてもらうビジネスモデルです。その手数料が、ここの資料でいうところの売上高になります。

マクアケ(4479)の第三四半期収益率・QonQ
マクアケ(4479)の第三四半期収益率QonQ

そのGMVに対する営業利益率も上がっているというのが上記のスライドです。

GMVが増えたからといって、手数料が上がるとは想定しにくいです。

ここでは、おそらくですが内部オペレーションが効率的になり営業利益率も上がりますということが言いたいのでしょう。労働集約的ではない、インターネットビジネスですよというアピールな感じがします。

とはいえ、実際に営業利益率を上げているのはさすがです。

一つ気になったのは売上総利益率も4.2pt上がっている点です。マクアケの原価ってサーバー費ぐらいしか思いつかないのですが、何が減っているのでしょうか。もしくはGMVからの手数料の割合を増やしたことにより、売上総利益率が上がったのでしょうか。

圧巻の一言、各種KPIの推移

過去からのグラフで表しているスライドが、マクアケの好調さを一番感じられます。

マクアケ(4479)のGMV推移
マクアケ(4479)のGMV推移

この3Qが異常ですね、、

マクアケは9月期決算なので、3Qとは4~6月を表します。4~6月の新型コロナウイルスの影響もあって跳ね上がったようです。

確かにマスクや除菌は応援してもらいやすそうですし、家でやることないので応募者も集まる構造なのでしょう・・・とはいえここまでとは予想していませんでした。

掲載開始数も2倍に、アクセスユニークユーザーも約3倍になったようなので、マッチングする双方が巣ごもりの影響で集まったのでしょう。

マクアケ(4479)のユニークユーザー数推移
マクアケ(4479)のユニークユーザー数推移

明らかに異常値ですよね。

納得の上方修正、今後の戦略は?

もちろん、この追い風の影響を受けて上方修正を出しました。

マクアケ(4479)の通期業績予想修正
マクアケ(4479)の通期業績予想修正

元々の修正前の応援購入総額予測に、3Qの時点で届きましたからねw

GMVは45.7%の上昇に対し、売上は35.9%の上昇で若干固めです。キャンペーンで手数料を下げる可能性が高いという理解でいいのでしょうか。

また営業利益はほぼ影響なしとのことです。既に5.3億あるので、残りの4Qは若干の赤字になるということでしょう。

これは、次のスライドで、広告宣伝費に投資するとの記載がありました。

どんどん投資に回して、GMVのトップラインを伸ばしていくという戦略は今は正しいと思います。

特にクラウドファンディング系での競争となるため、マーケティングとポジション勝負な気がします。

カンガルー
カンガルー

実際にマクアケのサイトにチーズケーキのプロジェクトを見てたら、その後類似のプロジェクトの広告がたくさん流れてきました・・・

ダイナミックリタゲすごいと思いました

ひつじさん
ひつじさん

カンガルーなのにチーズケーキ好きなんだね

ただ7月22日現在では、主要そうなキーワードのリスティング広告はREADYFORが取っていました。

主要クラウドファンディングプラットフォームでは唯一上場しているというのと、市場的には魅力があり成長が見込まれるので、限界までGMVを伸ばしてリーダーになってほしいものです。

今後も、動向をウォッチしていこうと思います。

日本株 決算発表
カンガルー@株式日記stockをフォローする
証券会社オススメランキング
SBI証券
SBI証券

SBI証券は、ネット証券最大手です!
1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日50万円まで売買手数料が0円と非常に低コストな点が特徴です。
また投資信託の数は約2700本と業界トップクラス!
投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められるのがいいですね。
さらに、新規IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ!
PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般の取引所より有利な価格で株取引できる場合もあります。
海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、ASEAN株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富です。
米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0ドルから取引可能になったのも魅力。
低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須でしょう。
「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の1位を獲得しました。

松井証券
松井証券【IPO】

最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という点です。
資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめ!
さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得しました!

マネックス証券
マネックス証券

NISA口座での日本株売買手数料が無料なのに加えて、1注文30万円までの取引では手数料の安さはトップクラスです。
そのため、小型株中心に売買する方にオススメと言えます。
米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽に始められます。
多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっています。

楽天証券
楽天証券

楽天証券は、なんといっても株の売買や投信の積立により楽天スーパーポイントが貯まることが魅力!
さらに、楽天銀行との口座連携をするとお得になります。
楽天カードや楽天銀行など、周囲も楽天で固めるとポイントが最大限活用されるため、楽天系のサービスのヘビーユーザーであれば正直なところ、中長期で見ると楽天証券がかなりオススメになります。

株式日記stock
タイトルとURLをコピーしました